前回の続きです

娘の体調も回復し、
ようやく日常を取り戻したかに見えた我が家。

しかし、それは娘が治った二日後程に
突然訪れます…

いつものように一日のご褒美、
キリン氷結をプシュリと開けて、
美味しい!と飲んでいた私。

しかし数分後、
なんだか下半身がだるい…
なんだろう?と試しに体温を測ってみると、
熱がある。
そして、なーにも食べたくない。
昼にはラーメン食べれたのに。
どんどん熱も上がって来ます( ;´Д`)

しかし、我が家には
2歳の元気な娘っ子がいます。
まずはこの子に夕飯を食べさせなければ・・・
そんな日に限って、たまたま主人は出張の日。
マジか…(~_~;)

元気いっぱいの娘の横で、
どんどんしょぼくれて行く私。
とりあえず、今日は寝よう!
まだまだ遊びたそうな娘をベッドに連れて行き、
倒れこむ私。
そして、いつの間にかその日は無事に寝ました。

しかし、その次の日から
ほんとの悪夢が始まります(−_−;)
発熱は引き続き、
プラス、ずっとトイレにいたいくらい、
コンスタントにお腹がギュルギュル…
(きちゃない話ですいません)
腸にこんなに水分ってあるのか!ってくらい。
(リアルな表現でごめんなさい)

辛い…と思う反面、
やった…強制デトックスや…と
ほくそ笑む余裕があったのは幸い。
しかしその余裕もなくなるほどの体の冷えに襲われ、
お風呂で温まってみたら、
体温を急に上げすぎたせいか、
今度は嘔吐(>_<)
しんどい…寒い…
でも食べたくないけど、水分取らなきゃ…
そして、トイレへ…
の繰り返し(泣)

発熱がおさまった頃、
フラフラと病院に行ってみると、
やはり感染性胃腸炎とな。

噂には聞いてたが、
こんなに辛いとは…
娘もさぞかし辛かったろう…

何も出来ず、
ただただ旦那さまと母に、
娘の世話と家事全てを託し、
私はただただベッドに倒れこむ日々でした。
絵で表現するなら、
あしたのジョーの白くなったような状態
(↑分からないちびっ子は、お父さんやお母さんに聞いてね)
今回も旦那さまと母のヘルプなしではどうしようもなかったです!
ありがたい!

気をつけようがないけど、
皆様、ほんとにお気をつけ下さい!
我が子とはいえ、
嘔吐物には極力素手で触らないように…

********************************
kosococo.妹
********************************

Similar Posts

コメントを残す