私事ですが、主婦を初めて早5年目。
これからまだまだ続くであろうと考えると、
まだまだ駆け出しと言える。

両親と住んでいる時は、
当然両親が選んで買った物の中に囲まれて暮らしていたので、
大人になってからは
「自立して、早く自分が選んだ家具や雑貨だけに囲まれて生活したい!」
なんて思ったものでした。

現に、一人暮らしをしていた時は、そんな感じで、
「物は最小限に。そして、好きな物だけ。」というような、
我ながらシンプルで素敵な部屋に住んでいました。

しかし、今は、そうとも言い切れません。
やはり子供がいるとそうはいかない。
増え続けるおもちゃや服、子育てに必要な家具やキャラクターグッズ。
私にはゴミにしか見えないものも、娘にとっては宝物だったりすると、
勝手に捨てれないし。
あ〜、増える、増える・・・。

写真たてを置いても、倒され割られる・・・
かわいい雑貨を置いても、おもちゃにされ壊される・・・
デザイン性よりも子供にとっての安全性や利便性を重視した家具選び・・・
あ〜・・・。
(以前紹介した「シマウマさんディスプレイ」は、
素敵なアクセントとして、私のテンションを上げてくれています♪
娘が乗ったり、息子がガジガジ噛んでますけど・・・シマウマさんがんばれ!)

私たち夫婦は結婚してすぐに子供が生まれました。
そのこと自体は大変喜ばしいことですが、
いわゆる「二人でゆっくり家具選び〜♪」とかそういう段階を
一気に飛ばしてしまった夫婦なのです。

なので、
自分たちのこだわりを持った部屋作りを完成させる時間もなく、
今に至ってしまい、5年も経つのに、
まだまだこれからなのです。

毎日、子供が散らかした物、
汚した部屋を片付けることだけで
一日が終わってしまい、
雑貨の仕事をやっていながら、
部屋に対してかける手間も時間もない・・・と言うのが現状。

こんなことを、雑貨ショップのオーナーが言うべきではないのかもしれません。
お客様に「きっと素敵な雑貨に囲まれて暮らしているんでしょうね〜」と
憧れられるような、
そんな体(てい)でいなければいけないのかもしれない。

でも、だからこそ、悔しいのです。
憧れられたいのではなく、
あーしたい、こうしたいと思うばかりで、
現状が追いついていないモヤモヤが募るばかりで。
素敵な雑貨に出会うと胸が震え、
「好きだ〜」と心が熱くなり、伝えたい!と思う。
そして、惚れたものは自分の家にも置く。
楽しい!
その瞬間は、素敵なお部屋に住んでいたあの頃の自分なのです。

家事をしていれば、
後追い激しい息子くんが足にしがみつく。
色々なことがなかなか思うように進まない。

「でも、これも子供が育つまでのことだよね・・・」
なんて自分に言い聞かせるのですが、
そんなことしてたら、あっという間に10年とか経っちゃいますよね。

素敵なインテリアの写真などを見ると、どうにも羨ましい。
あ〜・・・。

でも、時に「本当にここで子育てしてるんですか?!」と
びっくりさせられるほど、
すっきりと片付いたお部屋に住んでいるご家族がいます。

なぜ・・・???
どうして???
一日中部屋の片付けばかりしているの?

いや、そうでもなさそうよ。

きっと、私が
「仕事&家事育児で時間がない」
「子供が部屋を散らかす」
「夫婦でインテリアを完成させる前に育児が始まって中途半端」
など、いろいろな言い訳を持っているのです。

確かにそちらに時間を割いている余裕はないのかもしれません。
しかし姉にも「昔はインテリア、もっとこだわってたのにね」なんて言われたり。
自分の中では、
上の言い訳がもう頭の中にいっぱいで、「今だけ、今だけ」と言い続けているような・・・。

育児をしながらも素敵な部屋を実現されているお宅を拝見したり、
そのような写真などを見ると、
やる気スイッチがONになります。
意識を変えなければいけません。
子育てを始める前のあの頃のように、
自分が惚れ惚れするような部屋にしたい!
このまま言い訳していたら、気づいたら10年なんてやだ〜!

・自分が好きで集めた趣味の雑貨や家具などを、もっと活かしたい。
・子供目線になりすぎないインテリア。そして、成長と共にガラッと変える勇気を持つ。
・自分次第で素敵な部屋作りをできるポジションにいるのに、そのチャンスを活かさねば勿体無い!

そう、切に切に思うのです。

同じ悩みを持つパパママのためにも、
このブログにて改善テクなど、勉強になることがあったら、
投稿していきます!

そして、この想いを自らの改善宣言とし、
試行錯誤また手間暇かけて
改善していくことをここに誓います!!

インテリアをまた楽しむ、それこそが、
自分や家族の為なのね!

続く・・・
********************************
kosococo.妹
********************************

Similar Posts

コメントを残す