昨年、
13年一緒に過ごした愛犬コーギーのコナ&ラテの2匹ともが亡くなり、
泣いてばかりのつらい一年でした。

特にコナは、ちょうど一年前の今頃ラテの死と共に、
余命3ヶ月・・・と宣告されましたが、
亡くなる前日までツライ表情も見せることなく、
11月まで頑張ってくれました。

コナも、ラテも幸い家族揃って見送ることができたので良かったな・・・と思う反面、
それが子供にとって本当に良かったのか、悪かったのか・・・?

生まれた時から、当たり前の様に側にいた家族がいなくなってしまう
このなんとも言えない悲しみ、喪失感は、
私達大人とは比べものにならないほど深く、悲しいものでした。

まだ、言葉でうまく自分の気持ちを表現できない4歳になったばかりの息子は
38度の熱がずっと続き、
また、長女は泣いてばかりの母親に気を使い、
変に明るく・・・しかし、夜になると夜泣きをするという状況が続きました。

私達家族にとって、犬はただのペットではなく、
楽しい時も、ツライ時も一緒。
時に励ましてくれたり、笑わせてきれたりと癒しの存在、家族でした。

コナラテの死から、簡単にハイ次!という気持ちにもなれず・・・
一年いや、しばらく犬は飼えないな・・・と思っていたのですが、
子供達の状況を見て、旦那さんと相談し、
1日も早く新しい家族を迎える事に決めました。

犬を迎える事に前向きになり、
ブリーダーさんに会ったり、話をするようになると、
子供達の症状も落ち着きはじめ、
犬を迎える日までのカウントダウンカレンダーを作るなど、
気持ちが前向きになった時には、
熱も下がり、夜泣きもなくなり、犬を迎える日にはいつもの笑顔で、完全復活!でした。

犬の力・・・すごいです。

私だけが、この早すぎる展開に気持ちがついていけず、
抜毛や目眩、味覚がなくなるなど体調を崩しましたが、
今はまた、モコモコの柔らかい肌触りと、好奇心いっぱいに見つめてくるクリクリした丸い目。
ガゥガゥ甘噛みされながら、1日、1日と段々少してづつ乗り越え、
いまでは新人犬がかわいく思えるようになりました。

いつまでも、コナラテを引きづっていては新人さんにも申し訳ないし・・・
とはいえ、忘れられない、忘れたくない気持ちも強く、
いつでもコナラテに会えるよう・・・
大きなパネルに13年間の思い出をまとめて、飾りました。

また、新人犬と共に新たな月日が流れはじめます。
この先も、いつも笑顔が絶えませんように・・・。

*********************************
kosococo.姉(小磯ふきこ)
*********************************

Similar Posts

コメントを残す