嬉しいお手紙—kosococo.姉

昨日嬉しい手紙が届きました。
ミッキーマウスの可愛い封筒に、丁寧に鉛筆で書かれた私の名前と住所。
私の難しい名前「小磯」もちゃんと漢字で書いてくれてます。
私自身、自分の名「小磯」を漢字で書けるようになったのは・・・
何歳だったんだろう?
「ふきこ」という名の「ふ」もうまくかけなかったような・・・(苦笑)

お手紙は・・・
『小磯ふきこ先生へ
 あけましておめでとうございます。
 12月23日のクリスマス教室の時は、ありがとうございました。』
からはじまり、自分で作ったクリスマスケーキはうまく出来たこと!
一緒に参加したおねえちゃんのケーキがキレイでビックリしたこと。
その後、2人でツリーとミッキーのクッキーを作ったことなどが書かれておりました。
確かに2人の作ったクリスマスケーキは、まるでコムサカフェのケーキかと
思うほど、フルーツの盛り付けが高く、そしてデザイン性があり
本当に上手でした。
将来有望パティシエになるのでは!!
一生ついていきます!と言いたくなるほどの腕前!
ビックリしました。

そして何より、我「kosococo.」キャラクターcocoちゃんが
「ケーキもってきたよ!」とケーキをひっぱている絵がなんとも嬉しい。
この絵をkosococo.妹が見たら、きっと涙するでしょうね!

手紙って、いいものですね~。
なにか忘れていたあたたかいものを思い出したような・・・
じんわりした幸せ感が生まれてきました。
メールもいいけど、やはり気持ちを伝えたいなら手紙ですね!

りほちゃん、ありがとう!

シェアする