【子どもと学ぶ③】我が家の英語習得スタイルを考える—kosococo.妹

あまり構えず、ちょこちょこと・・・そして一緒に楽しむ

>>>【子どもと学ぶ②】子どもの英語教育「なぜ子どもに英語を習得してもらいたいのか?」をまず親が考えてみるの続き

さて、親の覚悟は決まりました。
「さぁ、具体的にどうしよう?」考える。

私も母親になってまだ9年そこらですが、
毎日子どもと接して思うのは、
「母親がグリグリ押しすぎると、子供はやる気をなくす」
ということですね。
私が鼻息フンフンさせてるときは、子供が冷めるんですよ、なんでかね。
「なにかやらされる」という動物的勘なのかな。

なので、以下でチャレンジしてみようと思う。
(これは私の子どもの性格と私自身の状況を考慮した対策なので、万人に当てはまるかは分かりません)


  1. 「勉強」と構えさせないように、「日常のこと」とする雰囲気作り
  2. 5~15分くらいの内容を毎日ちょこちょこやってみる
  3. 私も一緒にやる
  4. 英語=つまらない、とだけは思わせないようにする
  5. YouTubeとかオンラインレッスンとか、コンテンツをフルに活用する

1.は、先ほど言った「勉強をやらされている感」を出さないためです。
英語は勉強じゃない、日本語と一緒、コミュニケーションツール。
私が鼻息フンフンしないよう、抑えなければいけない・・・それが一番難しいかも。

2.は、4.の理由にも関係しますが、飽きさせないように(飽きる=つまらないとなってしまう)。公文式のようにスモールステップでちょこちょこと毎日を続けたい。

3.私自身、好きだった英語の勉強を、目的・目標を見失い、中途半端にここまできたので、子どもが勉強するきっかけを作ってくれたと思って、一緒に楽しみながら再開したい。

4.こうなったら、元も子もない・・・

5.ありがたいことにこの世の中、インターネット環境さえあれば、色々なものが配信されていますので、使わない手はない。

さぁ、今日からやってみよう!
(鼻息フンフンさせないで、できるかな・・・)

あるサイトでSTEVE AND MAGGIEのYouTubeチャンネルを発見しました。
これは息子のツボに入りそうだし、ひとつひとつが短いのでいいかも?と、早速5歳の息子に見せてみた。
最初は「何言ってるかわからないよ」ってやる気なさそうでしたが、
(私の鼻息がフンフンしてたかも)
1つ見終わったら「もう一回見たい」というお言葉!
よっしゃー!

イラストとSteveさんの演技が素晴らしい!
何言っているのか、最初は分からなくても、息子は笑っています。
そのうち、Steveさんのリズムあるフレーズを、風呂に入りながら口真似したりするようになりました。

やはり子供って聞いたままを口に出す天才なんだな~、と実感。
聞いたまま言うと、やはりカタカナ英語ではない言い方を最初からできているので、驚きます。

特にSTEVE AND MAGGIEで息子が気に入っているのは、上の動画もそうですが、ちょい怖のハロウィンシリーズ🎃ですね。

これを何回も見ているうちに「ゴー ァウェーイ スケゥトーン♪」などと歌っていますよ🎃

おすすめです(^^♪



シェアする