かっこよすぎて、泣けてくる!ありがとう、マイケル~!!—kosococo.妹

マイケル・ジャクソンが亡くなった、というニュースが世界を駆け巡ってから、早5ヶ月ほど経ちます。
このブログでそのことについて、特に触れてきませんでした。

でも本当は、kosococo.姉妹は、MJにず~~~~~~っと魅了されまくって育って来た多くの子供たちの一人です。

This Is It」見ました。
周囲からとてもいい評判を聞いていたので、自分の中であまり期待を膨らませすぎないように抑えながら。
「終わった後に、映画館が拍手喝采だった」とか、
「泣いている人がいた」とか。

結果、私は自分でも予想してなかったのですが、
始まって5分くらいで涙腺が緩みはじめ、前半からずっと泣きどおし。

いろいろな奇行が前面に出てしまっていた最近のマイケル・ジャクソンではなく、
そこにはかつてのマイケル・ジャクソン、最高のエンターテイナー“KING OF POP”の姿が映っていたので。
かっこよければ、かっこいいほど、哀しくて泣けてくるんですよね~。

マイケル・ジャクソンは、もしかして変わっていなかったのかもしれない。
いろんなスキャンダルが私たちのイメージを変えてしまっただけなのかも?
とか、
ロンドンで、きっとマイケル・ジャクソンは証明したいものがあったのだろうな~無念だろうな~、
とかとか…。
マイケル・ジャクソンのことに関してはほとんどのことが、真実は闇の中です。

でも、あまりに偉大なものをなくしてしまいましたね。

先日の「MTV Video Music Awards」で、マイケル・ジャクソン追悼ライブが行われ、
ここでマドンナマイケル・ジャクソン のことを話し、
マイケル・ジャクソン のPVとともにジャネットが踊るのを見て、
「もうマイケルはいないんだな。。。」という哀しみで、号泣したkosococo.姉妹。

マドンナ が「マイケルを私たちは見離した」というような発言をしたのが、印象的でした。
MTVビデオ・ミュージック・アワード(MTV Video Music Awards)で、故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)さんに哀悼の言葉を述べるマドンナ

私の個人的な記憶で、最初に好きになったのは、
ポール・マッカートニーとデュエットした「Say Say Say」だったと思います。

かっこよすぎて、姉妹で何度も何度もこのPVを見ました。
ポール・マッカートニー が誰なのかとか、 マイケル・ジャクソン という人が誰なのか、
よく分からないまま、ただただこのPVと曲のかっこよさに夢中になり、
(PVの内容は「詐欺師」だけどね)
姉妹で何度も何度もこのPVを見ましたね。
このPVを見ると、あっという間に、あの頃の自分に戻ることができます。

マイケルの事、書き始めたら、
めちゃくちゃ長くなりそうなので、
続く。。。

シェアする