おすすめのお店・・・オープンです!!—kosococo.姉

今日は、先日11月19日にオープンしたレストランをご紹介いたします!
レストラン名は、RNSQ(エレネスク)。
Route National Soixante Quatroze(国道74号線)の頭文字をとったもので
国道74号線はブルゴーニュを南北に走る国道でその周りには葡萄畑が広がっているそうで、
オーナーの大瀧氏はブルゴーニュの多くの造り手を訪問し、
何百回と通ったこの道を自分の新しい道としてレストラン名にしたそうです・・・
すてきです。

内装は、ここでフレンチがいただけるの?!
と思わせる和の趣のある内装で
ゆったりとしたカウンター6席とテーブル席10席の贅沢な作り、
床は葡萄の葉を連想させる緑色
木目をベースとしたテーブルや椅子
カウンターは葡萄の木を表しているそうです。
そして葡萄は勿論ワイン!
ワインと言えば、大瀧さんです!
毎回、一緒に過ごす人との楽しい会話・その素敵な時間・おいしい食事に
ぴったりの一品を選んでくれるので、
会話も食事も進み、脳裏には「素敵な時間の過ごし方」として、
しっかりと焼きつくのでした

エレネスクのお料理は、フランス料理ですがなるべく食材は国産の物にこだわり、
野菜はまじめに作っている生産者から
魚介類はシェフの地元である銚子漁港、相模湾、長崎から毎朝水揚げされた物を、
肉類に関してもなるべく国産にこだわりたいと考え日本全国を休みの度に
探しているんですって!!
そんな厳選された食材を毎日目の前にして、
今日はどのようにお客様に召し上がって頂こうか?考えられているのだとか?
って言うことは、今、目の前にあるお皿ももしかしたら今日しか会えないの?!
素材の美味しさ、生産者の方々!!
オーバーかもしれませんがこの1皿に出会えたことに・・・感謝してしまうわ!

また、私のように沢山召し上がる方も、そうでない方も
その人1人1人にあわせて食事内容を決めさせてくださるようなので
是非、ご相談してみてください。

毎日の仕入れによって異なるようですが
私がいただいたフルコースの場合 
第1の皿 ピック(摘む)という食前酒を飲みながら軽く摘む物
第2の皿 アミューズ
第3の皿 冷たい前菜
第4の皿 温かい前菜
第5の皿 ポタージュ
第6の皿 お魚料理
第7の皿 お肉料理
第8の皿 デザート
アラカルトでもご用意しております。
1皿1皿感想を書きたいところですが、長くなるのでまたの機会に(笑)

そして、オーナー大瀧氏による厳選された今飲み頃のワインを80種類ほど!!
「エレネスク」を一言で語るなら、
この価格で質の高い本格フレンチと
美味しいワインが味わうことのできるなんて!!ってことです
これからの季節、クリスマスに、年末年始に・・・いいなぁ~!
今度はあえてフレンチを着物で味わってみたいとなぁ・・・とおもったりして
エレネスクで心も、体も、ほっくり癒された1日でありました。
大瀧さんの笑顔にもね(笑)

シェアする