夏休みもとうとう終わってしまうのね・・・
今年の夏は、海にも、川にも、山にも・・・
花火も、祭りも、浴衣も・・・
一切夏らしいことをせずに、モンモンとジュースを作っていたような・・・。
なのに、紫外線はしっかり吸収し日々、顔にほくろが増えているような・・・。
毎年夏を満喫できなかった仕返しに、秋・冬と食べまくるのです!

本日「はなまるマーケット・かけこみ自由研究わくわくお菓子つくり」で
ご紹介いたしました「桃のミルクアイスクリーム」のレシピをご紹介致します。

今回アイスクリームの容器として紹介したのは、
たまごパックと、製氷ケース。
たまごパックで作ったアイスクリームは、大きくなった「きのこの山」のよう・・・。
製氷ケースで作ったものは、小さなお子様でも一口でパックっと食べられてしまうサイズです。
今回は桃だけ作りましたが、マンゴー・ブルーベリー・メロン・いちご・バナナなど色別に作り
ひとつの器に盛ると、カラフルな楽しい一品になりますよ!!
お誕生日!結婚式?パーティにぜひ、お試しください!!


—————————————————————————–
桃のミルクアイスクリーム
—————————————————————————–
<材料> 白桃・・・・・・300g 
     練乳・・・・・・30cc  
     牛乳・・・・・・200cc 

<作り方>
1. 桃の皮と種を取り除き、一口大にカットする。
2. ビニールに全ての材料を入れもむ。
3. たまごの入っていた容器をよ~く洗い、よく乾かす。
4. たまごパックを半分にカットする。
5. 上にくる蓋には、十字の切れ込みを入れます。
6. たまごパック上下にアルコールスプレーをしたのちに2.を流し入れます。
7. 蓋をし、輪ゴムでたまごパックを固定します。
8. 半分に切ったストローをさし冷凍庫へ・・・。
*桃は、やわらかく・熟れて皮がペロッとむけるぐらいが甘くて、おいしくつぶしやすいですよ!
 熟れていない桃を冷蔵庫に長く入れておくと、おいしく熟しません。
 若い桃は、室温で熟させ、食べる2・3時間前に冷蔵庫で冷やして食べるのがおいしさのポイント。
* 練乳は、桃の甘さ加減で量を調節してください。はちみつでもおいしいですよ!
*今回袋は、リード保存用バックを使用いたしました。小さなお子様が無理ににぎりしめたり、ネールのきれいなあなたでも敗れない頑丈ものです!