焼き立てを食べる—kosococo.姉

それは突発的に起こるのです。
「焼きたてのパンが食べたい!!」という気持ち
そして無性にかぎたくなるのです。
「焼きたてパンの焼けるあの何とも言えない香ばしいかおり!!!」

思い立ったら・・・やっちゃいますよ。
深夜零時に、粉だらけになって計量し、
パ~ン ドン パ~ン ドンと響く音。
それは、普段のストレスをこめてパン生地を力いっぱいたたく音。
(ご近所の方、申し訳ございません)

汗だくになってこねあげたパン生地を1時間寝かせて、一次発酵。
ほど良く汗をかいたあとなので、ホッと座って
カフェオレなんて飲んだ日には、眠気との戦いが始まるわけですよ。
・・・で、なんとか眠気に勝って、ぷっくり発酵したパン生地が
たまらなく愛しい。
分割し、形を整え、また生地をねかせ、
再び、空気を抜きながら形を整え、寝かせる。

二次発酵を終えたパンは、ふっくら、ツルンとして本当に癒されます。
いよいよオーブンに入れて・・・焼きあがるのを待つばかり!!
なんともいい香りが夜中の?朝方の?家中に広がります。
寝ていたはずのわんこ2匹も、オーブンをのぞき込んでいます。
焼きあがる前は、時間をかけて作ったパンを朝ゆっくり、コーヒーと
共に味わって食べよう!今食べると太るし・・・なんて一応考えているのですが・・。
オーブンをあけてから10分後、焼き立てパンをのせた台の上には
姿がないのは・・・言うまでもない。

シェアする