今日は、横浜元町から山下公園→港の見える丘公園→外人墓地周辺を
散歩して参りましたが、
もっともお気に入りの港の見える丘公園の周りをご紹介いたします。

ここは日本なのか?と思われるほど
建物・風景が異国情緒溢れ・・・いいですね~!!

私(犬・コーギー)の生まれ故郷であるイギリスを思い出しつつ、
まずはイギリス館へ。
バラの咲く季節には色鮮やかなバラやハーブが咲き、
とても綺麗なのですよ!
今日は天気がよく青空に、
もみじの赤・イチョウの黄色と道が鮮やかで、道の所々に絵描きさんを見ました。
私を描いてくれないかしら・・・。

次に訪れたのは・・・山下234番館・・・ってなんだぁ?(写真)
私いつも外で待たされてるから・・・。
昭和2年頃に朝香吉蔵の設計で建てられた外国人むけ集合住宅で、
現在は山手の移り変わりの資料などの展示があるそうです。

次に訪れたのは、スイス人貿易商エリスマン氏の私邸として建てられました
エリスマン邸です。1階が「おとぎの国のクリスマス」という名で
各部屋がデンマーク風に飾られているとかで
なが~い間外で待たされておりました。
デンマークの旗で飾られたツリーや暖炉周りの飾りつけ、
食卓など、隅から隅までkosococo.姉ははまってなかなか出てきませんでした。
(この写真を使うべきだった!)
終いには、奥にあるカフェでお茶したい!とか・・・おいおい!!
やっと出てきたと思ったら、
今度はその先に建てられたイギリス人貿易商ベリック氏の邸宅でストップ。
「フランスのクリスマス」をテーマに1階が飾られており
ダイニングルームにある大きなテーブルのクリスマステーブルコーディネートは
「クリスマスの食卓は、こ~でねーと!!・・・・。」といった感じです。
(ここの写真使えばよかった!!!!)

ここでも私は待ちぼうけよ・・・。
・・・といった感じで山の手は、異国感・クリスマス感を味わいたい方に
おすすめです。運が良いと生演奏・聖歌隊?の音色が聞けるかも?!
夕方の景色も遠くに見える港未来のイルミネーションが素敵です