ベルギーの首都ブリュッセルにやってきました。
久しぶりの都会(笑)
お店も開いてます!
すれ違う人たちもおしゃれなです!
高い近代的な建物と、歴史を感じる建物の中を車が渋滞し
ブッブーとクラクションうるさいです!
都会です。
ブリュッセルについて最初に出会ったのは「小便小僧」。
思ったよりちっちゃ(笑)。
残念ながら私の興味は小便小僧よりも、近くにあったワッフル屋さんやら
3階建ての煉瓦の建物にプレゼントをたっくさん持って、
一番上の部屋に向かって登っていく10人のサンタさんのオブジェや、
小便小僧を見に来ていたかわいらしい地元小学生。
先生の話を全然聞いてないで、各自楽しそう
私も社会見学好きだったな~。でも今でも後悔なのが、楽しみにしすぎて
熱が出てしまい、パン工場と、日産自動車工場見学を見逃したこと。
ちきしょ~

早速いただきます、ベルギーワッフル!!
ベルギーワッフルには、やや塩味がきいた四角いワッフルに
甘いアイスやら生クリームなどのトッピングで甘みをつけて食べるブリュッセル風ワッフルと、
日本で流行ったもちもちした歯ごたえで生地が甘いのでそのまま
食べる丸い形のリエージュ風。
そして、薄くてバリバリクッキーのような食感の
ワッフルがあると知ってましたか?!
私がいただいたのはブリュッセル風で、チョコバナナクリームを注文してみました。
薄い紙ナフキンにドンとのせられた大きめなワッフルを
大口でいただきました。口も、手もベチョベチョ・・・。
(日本だったら即クレームになるなぁ、それとも日本が包材使いすぎなのか・・・ あ~!考えるのやめた!旅だ!旅だ!)
ちなみに、カリカリの薄いワッフルを後のクリスマス市で購入。
そこのお兄さんが教えてくださった美味しい食べ方は
「あたたかい飲み物(特にオススメはミルクティーだとか)が入ったカップの上に蓋のようにワッフルをのせ、やわらかくして食べるんだそうです」
クリスマス市で子供達に一番人気があったのは、
チョコレートコーティングされたワッフルでしたよ。

この店(写真・一番右)どこの通りにあったんだっけなぁ・・・
日本にもあればいいなぁ~と思ったのがこの一軒。
お店の横側には、平台にひかれた氷の山にきれいに新鮮な魚介類が
ぎっしり並べられ、あそこまでいくとアートだわね。
そしてまた、おしゃれなのが従業員の皆様の濃いブルーのユニフォームと
手さばきの良さ!かっこいい~!!
見ていても楽しいのですが、隣接しているスタンディングーバがには、
ワイングラスやビールを飲みながら楽しそうな笑い声が響いていました。
お酒のつまみとして、テーブルに立てられた長いメニューには
新鮮な魚介が使われたメニューがぎっしり書かれていて、
召し上がっておられる方のお皿を拝見する限り
かなりのメニュー数と、調理幅!!魚介コロッケらしきもの
スープ、そしてレモンを絞ったムールなどなど
プロが厳選した素材をその場で調理、即食べられるおしゃれな魚屋さん。
その一角だけ人ごみになってましたよ。
ここまで書いておきながら、
寒空の中、散々歩き回って足がガクガクだったのでとにかく座りたかった
私達は、近所のお店に入って魚介をいただきました。
ベルギーは、どこで何をいただいても文句なしの満点笑顔でした。
今度ベルギーに行く機会があったら、元気なうちに
是非「Mer du Nord」へ行ってみようと思います。