いまだに止められない、止めたくないもの—kosococo.妹

kosococo.SHOPにも、オーガニックコットンのぬいぐるみ、種類が増えてきました。

私は、小さい時からなぜかぬいぐるみが大好きなのです。
そして、今でもいい年こいてその趣向は現役。
お店で、ぬいぐるみを自分のために買うかどうか本気で悩んでるのを
友達が「やめとけ!」って止めるくらい、
ちょいちょい本気でぬいぐるみが欲しい。

だからといって、抱いて寝るわけじゃないから、ご安心を!

でもぬいぐるみが好きといっても、
昔みたいになんでも良いわけじゃなくて、
そこにはかなり好みがあるのです。
存在感やキャラクターが際立ってるのが好き。

kosococo.SHOPで販売しているのは、
まさにそのストライクゾーン直球ど真ん中のものを仕入れています。
自分にぬいぐるみを買わないうっぷんを、
仕入れという形で発散しているのかも知れませんね(笑)。

商品のストック専用棚を空けると、ストライクゾーンのぬいぐるみ達が沢山いて、
それで私は満たされるのでした。
普段はネットショップという特性のため、商品は一つずつ梱包され保管している為、
一同広げて見ることはまずありません。
なので、イベントの時なんかは、自分の大好きなぬいぐるみや雑貨たちが、
一同揃って同じ空間にいれる最大のチャンスなので、本当に嬉しいんです。
しかも、その空間を皆さんと共有できて。

いつからぬいぐるみが好きなのかな~?
と考えると、ぬいぐるみにまつわる思い出がたくさんあることに気付きました。

■7歳くらいの誕生日に、自分の身長とほぼ同じくらいのウサギのぬいぐるみを
もらった時、すっごい衝撃とともに、すっごい嬉しかったのを覚えています。
↑結構最近まで持っていたのだけど、もっと大切にしてくれそうな小さい子にあげちゃった(涙)とっておけばよかったな~

■NY出張の際に、お父さんが大きなピンクパンサーを買ってきてくれた
↑ピンクパンサーはよく分からなかったけど、日本のぬいぐるみと違うかわいさに心が打ちぬかれた!

■ディズニーランドに行くと、毎回ぬいぐるみを買ってもらった。
↑なかでも「不思議の国のアリス」のウサギのぬいぐるみが超お気に入りでした。
メインキャラクターじゃないのを選んでる所が、我ながらいかす!
たしかkosococo.姉も、もはやなんのキャラクターかさえも分からない太った熊のぬいぐるみを買ってもらってずっと持っていたな~。

■なんかのアニメのキャラクターのハムスターをかごに入れて持ち歩いていた。

■せまい部屋に、手を回しても回しきれない大きな熊がいた
↑引越しの事情で、これまたもっと大切にしてくれそうなお家にあげた。

などなど…沢山の思い出があるけど、全部動物じゃん!!!

とにかく、私のぬいぐるみ好きには、確固たる歴史があるのです。
ぬいぐるみは、それほどまでに思い出として残るってことですね。
今も kosococo.SHOPで仕入れたけど、どうしても自分に欲しかったウサギちゃんを相棒にしています。
部屋におくとまたいい感じなんですよ~、和む。

なぜぬいぐるみ・雑貨が好きなのか、
なんで kosococo.SHOPに動物モノが多いのか、
自分でもなんだかルーツが分かった気がします。

ぬいぐるみを誰かの為、またはご自身の為に買う際は
是非、ぬいぐるみ好きのいる kosococo.SHOP をのぞいてみてください!!

シェアする