芸術の秋、また木彫りしてきました。—kosococo.妹

去年の三沢厚彦さんの木彫りのワークショップから約一年。
(あれからもう一年も経っちゃった…はやいな)
そのワークショップで知り合った方のお誘いで、
今回は前川秀樹さんのワークショップに出かけた。

去年のワークショップの時に、木彫りはとてもじゃないけど、
その2日間とかでは終わらないことを分かっていたのに、今回は数時間しかなかった。
でも、この数時間で絶対作り終わろうと決めていたので、こんな感じの作品になりました。

先の細部まで彫る時間がなくて、枝感がばっちり残っていますが、一応ウサギです。

元々このような形の枝があって、
(しっぽの部分も原型のまま、右手だけ後からつけました)
悪い顔のウサギを作ろう!と思っていたので、ウエストをひねらせ、このようになりました。

こういう美術の授業みたいなことをやると、無心で黙々とやってしまいます。
見事な集中っぷりです。

このウサギは、家の玄関のキーキーパーとして、今後活躍してくれることになりました。
「よっ!おかえり!」って感じで、我ながらブサカワイイです。

シェアする