とってもご多忙なカラス(その1)…kosococo.妹

春うららか♪
この季節には、色んな街角でキレイな花が咲く。
頭の中も、春うららか状態!

うちの近所にも都会の御多分に洩れず、カラスが多い訳ですが、
同じ地球に生きる仲間ではあるものの、
人間界とカラス界でそれぞれ生きてる訳で、
生活パターンや親族関係、常識などももまったく違う訳です。(そりゃそうか)

お互い、それぞれの世界を横目でチラ見しながら共に生きてる訳ですが、
お隣のカラス界がやけに殺気立って忙しそうなのが、
こちら人間界にも伝わってくるそんな時期であります。

そう、彼らは今、巣作りに忙しいのです。
いつもののんびりしたカラスではないのです。

私が、カラスの多忙加減を意識し始めたのは、
ある年の春、
うちのベランダにかけていたワイヤーのハンガーだけがなくなる、という事件が起きてから。

プラスティック製や木製には目もくれず、
あのクリーニング屋さんでもらえるワイヤー式のだけがなくなるのです。
ワイヤーハンガーにかけて干していた洗濯物は、ベランダに落として。。。

首をかしげながら、ふとベランダの外を見ると、
うちの前に立つ電信柱の一部分に、色とりどりのワイヤーが積み重ねられている。
「ん?」と思ってみていたら、
必死な感じで、一羽のカラスが、ワイヤーハンガーをくちばしに挟んで飛んできて、
そのワイヤーの上に止まり、
新しく持ってきたハンガーを器用に積み重ねていた。

「ワンダフル!」
ピンク、青、白…カラフルなワイヤーでできた、カラスの巣だった。

カラスのやつ、
形の変形できるワイヤーハンガーが、巣作りに使えると分かって、
それだけを色んな家のベランダから集めて来てるのです!
カラス!すごい!!頭良すぎ!
確かに都会では、木の枝集める為に山に飛ぶより、
ワイヤーハンガーのかかってるベランダが近いもんね。
すごいや!

でもカラスさんよぉ、一つ問題が…。

電信柱って、電気通ってるって、知らないよね???

必死にワイヤーを積み重ねるカラスの姿を見ながら、私は考えました。

「あいつ、すごいし、すっごい頑張ってるけど、
人間界でそれは危険なんだよねぇ~…すまん!ゆるせ!!」
ちょっと心苦しくはあったけど、そういう訳で東京電力に電話しました。

その数日後、電気会社の人がクレーン車でやって来ました。
カラスが必死に集めたカラフルなワイヤーの巣を、取り除いていきます。
よかよか、そんな気持ちで私はその様子を見ていました。

しかし、ハッと見ると、
その様子を、ちょっと離れた所で、カラスが見ている。。。
カラスは黙って、その撤去されていく巣を見ているのです。

「ごめん!カラス~~~!ごめんよ~!!!
でも、ここは子が生まれても危険なんで、どうか、ここで巣は作れないんだと学んでおくれ!」
その哀愁漂う背中に、心で叫びました。

しかし、撤去した後も、カラスはワイヤーハンガー、
せっせと集めて、また同じところに巣を作った。
この前、撤去されたのは、どう思ったのか分からないけど、
またゼロからやり直していた。

そして、また東京電力のクレーンが来た。
撤去。
カラスまたゼロから。
撤去。
まさに、うちの前で繰り広げられる戦いだった。。。

自分が思ってたよりこのカラスねた、長くなってしまった…。
誠に意外ですが、つぎへ続く

シェアする