花粉症や季節の変わり目に翻弄され、
インフルエンザめいた風邪にもやられ、
春風とともにどっかに吹き飛ばされてしまいそうな今日この頃。
姉妹そろって体調悪め。
どうやら春にめっぽう弱い家系らしく、母も春には体調を崩す。
父は…、あれ?いつもと変わらず…。
特異体質らしい。

さて、そんな中でも季節の風情を見逃してたまるか!と
会社帰りに中目黒下車。
そう、目的は夜桜です。
電車の中からもちょっとだけ見える目黒川沿いの桜並木に提灯の列。
そして、近くの飲み屋はサラリーマンやOLたちで大盛り上がり。
頭にネクタイを巻いたサラリーマンが今にも飛び出して来そうだ。
なぜに日本人は桜の下では、「飲み会」でなく「宴会」と化すのか…不思議だ。
でも、幸せムード、上げ上げムード満載。
う~ん、嫌いじゃない!
飲み屋の脇で生ビールを買って、
桜を見上げ、歩きながらビール!
桜が咲いていなければ、許されない事も許されてしまう歩きビール。
なんとも贅沢だ!
普段は絶対に座らないであろう桜並木沿いの狭い垣根にシートを敷いて盛り上がっているOLを
見るのもなんだか不思議。
綺麗な服来て、道端に座っているのだから。
もしここに座ろうと普通の日に言われたら、
「は?服が汚れる!」と怒り出しそうなOLたちも、
桜の下ではおおらかだ!
日本人は桜が好きなのだ。
ちょっと普段じゃやらない事をやってしまう。
そして、まわりもそれを非日常な光景として許してしまうのだ。
桜って不思議だ。
咲いてる期間が少ないからこそ、期間限定に盛り上がるのかな?
四季を楽しめる日本人ならではの楽しみ方なのかもしれない。

目黒川の沿いを桜をみつつ歩いていると、
思ったより距離が長い。
「桜見てる?」の声にハッと我に帰る。
気づけば、桜を見ないで、川沿いの食べ物屋ばかりを見ていたのだ。
慌てて「うわ~桜満開だね~」と桜に一瞬盛り上がりを見せつつ、
やはり横目でおいしそうに食べている人たちを眺めている。
桜がポップコーンに見えて来た…。
食べ物とお酒あっての桜なのですね。