秋はやっぱりJAZZだよね—kosococo.妹

雨と強風が続いた数日を耐えた甲斐あっての、久々の快晴ですね!
湿気も少なく、真っ青な抜けるような青空。
いや~気持ちがいい!
こんな日は家にこもってるなんてもったいない。
そして、秋は芸術が似合う季節でもあります。
もう少しすると、
街が銀杏並木に覆われ、人々が少し厚着をし始める。
風がひんやり澄んでるのを感じると、
それだけで感動を覚えるのです。

そんな秋の切ない感じをより引き立ててくれるのは、
そう、JAZZであります。(ちょっと唐突)
うんちくは全く分からず、知識もありませんけど、
大人っぽくて、かっこ良くて、おしゃれで、
お酒もおいしく飲めそうな感じが大好き。
そんな思いを満たしてくれるイベントが毎年横浜で行われます。
「横浜ジャズプロムナード」
このイベントがくると、
あ~今年も終盤か~、と思わされます。
1日券で丸一日JAZZが楽しめる、
とても素敵なイベントです。
大好きな横浜の街にまたJAZZは沁みます。
普段からもっとJAZZバーなどに行けばいいのですが、
なかなか行かないので、
JAZZの生演奏を聴きたい欲求をこの日に溜めておくもんだから、
その生演奏でいい曲を奏でられると、
思わずウッと涙が。
かっこいい!かっこ良すぎる!!
このイベントが終わると、必ず私がいう言葉は
「ジャズピアノ習おうかな~」です。
コレを言い続けて早3年くらいになります…。
今はなかなか時間がないのでやってないけど、いつかやってみたい。
ジャズピアノが弾けるおばあちゃんって言うのも悪くないな~。

シェアする