ホットヨガ体験記—kosococo.妹

皆さんは毎日のストレス、疲れ、運動不足をどのように解消してますか?

私は仕事柄、毎日最低8時間以上はパソコンの前で
ディスプレイと向き合っています。
せわしなく動く頭と指と目、それ以外はほぼ動かず…。
しかも、デスクワークというのはなぜもこう飲み物やらガムやらを異常にとって
しまうのか?
もう癖になっているのか、
何もないと口寂しい。
これじゃいかん!と水も出来るだけいっぱい飲んだりしてはいるものの、
それを体外に出す機会がないので、
むくんだり、冷えたりで、全然ダメ。
そして「今日もお疲れ」の日課になったキリン氷結を飲んで、夜10時以降に夕飯…。
そんなこんなで一年で明らかにぷにょっと感が出てきた体に、
危機を感じている今日この頃です。

そして前から気になっていた「ホットヨガ」というものに昨日行ってきまし
た。
スタジオに入ると思わず顔が引きつる。
室温38℃、湿度65%という異常な暑さ。
かなりムワ~ンと来ます。
こんな中で呼吸がちゃんとできるもんかと不安に思いながら、
水とタオルを持っていざレッスンへ。

最初のうちはその暑さに慣れるウォーミングアップ。
この時点で自分の体の硬さやこわばりを感じます。
元々関節が硬い上に、
力が常に入っていてなかなかリラックス状態が出来ない体質の上の、
デスクワーク。
体が柔らかい訳がない。
動かしてみて痛感するのです。
この時点で慣れてる人はもう大粒の汗をかいているのですが、
私は初めてで汗をかき慣れていないせいか、まだまだ。
除々にペースをあげ、ヨガのポージングへ。
しばらく熱中していてパッと鏡を見ると、あれ?ゆで蛸?
いや、自分の顔 ! 見事にまっ赤!!
しかも髪もゆるく縛ってたせいか乱れまくって、
とてもじゃないけど知り合いには見られたくないあり様。
自分の姿に、しばし唖然…、時間が止まりました、はっきり言って。
ドン引きであります。
インストラクターの人をみると、
ま~どうしてってくらい乱れてない。
さすがだ、かっこいい。
しかもしなやかなナイスプロポーション。
この人は毎日何時間もこの環境にいるんだもの、
また変わった仕事があったもんだ、と思いつつ続行。

さすがに30分くらい経つと、
全身から汗が吹き出てきてポタッと床のタオルに落ちます。
「ちょっとちょっと汗落ちたよ~」って誰かに言いたくなる快感な瞬間!
いいんじゃない?ホットヨガ。
なかなかいいんじゃない?
そんなこんなでろくにかっこいいポーズもとれない、
体の硬いゆで蛸顔の私は、
自分の汗の量に酔いつつ無事に終了。
全身がフワフワ軽い、しかもすぐに肌がすべすべに!
素晴らしい!!
眠りも深く、違和感のあった腰も納まるところに納まり、
なんだか歩くとき、自然に姿勢がシャンとなる感じ。
大げさではなく、歩きやすいのです!
わお~、利いてるね~。
やっぱりヨガってすごいのかも。
即日で体に効いて、変に筋肉痛もなく、
体のゆがみが解消される上に、肌もつるつる。
これはやるっきゃないでしょ~。
ジムで鍛えるよりも続きそうだし。
インストラクターの人みたいに、
しなやかないいプロポーションになって、
涼やかな顔で大粒の汗をかく新たな自分を想像しながら期待を膨らませるのでした。

シェアする