4月27日にオープンした新丸ビルへ行って参りました。
週末ということもあり、どこもかしこも人・人・人。
どことなくヨーロッパの駅構内?のような黒をメインにした内装や、
セレクトされた153店舗は、全体的に照明も落ち着いた感じで
商品も価格も大人なイメージ。
他のショッピングビルに比べて、男性のための小物や紳士服の店舗が多いのも特徴かしら?

1階から4階までを、ざっくり見て歩き(じっくりみたくとも人人人・・・)
見つけた1件の店「Delier IDEE」。
そう、あの南青山にあった家具屋さん「IDEE」のギフト専門店。
ショップ内には「ギフトコンシェルジュ」がいらっしゃるそうで、
あなたの理想のプレゼントを的確にアドバイス・セレクトしてくれるのだとか・・・
しかし、週末のこんなに人ごみの中ではコンシェルジュに選んでいただいても
落ち着いて商品を検討できそうもないなぁ・・・
懐かしいIDEEの個性的な香りは減少したものの、
次回もう一度、じっくりみたいと思うお店です。

疲れたところでお茶にしましょう!!
私達が入ったのは1階にある『PG Cafe Paris』。
このカフェは、フランスの三ツ星シェフ、ピエール・ガニェールが
カフェ&ワインバーを初プロデュースしたお店。
店内は白を基調とし、大きな窓と高い天井。アクセントとなるランプがテーブルの間、間に置かれていてる。
おなかがすいていた私達は、鶏肉と茄子のペースト・赤キャベツのピクルスがはさまったピタサンドと、クロックムッシュ。
そしてタルトのサックリ感と、レモンの酸味が絶妙に好きだったレモンタルト。
そして、もう1品は、グラスにカフェ味のムースが入り、
上にはとろけたアイスクリームが美味しそうにトッピングされ
キャラメルのソースがかけられた・・・パフェ?(メニュー名定かではない)
それも、全てペロッとたいらげました(笑)
ここでいただけるパンは、メゾンカイザーのもの。
でもおすすめは、レモンタルト!!

おなかいっぱいになった足で、B1のショッピングゾーンへ。
そこには、和菓子・洋菓子・惣菜・パン・チョコレートや輸入食品などが入っております。
その中で見てみたかったお店は『POINT ET LIGNE(ポワンエリーニュ)』という名のパン屋さん。
「メイド・イン・東京」のパンを世界に…というコンセプトのこのパン屋さんは
入り口からしてパン屋らしくないスタイリッシュすぎる黒の大きな壁に
同じく黒の小さな看板。
入り口は正面(真ん中)にあるのではなく、右側にグッと寄って扉はなく
四角く開いている。
黒い大きな壁と思ったのは、この入り口の位置のせいであろう・・・。
入り口が狭まったように見える分、店内に入ると、売り場がパッと開けて広く
天井も高く感じる。
このお店に来たかった理由は・・・パンそのものよりも
上で書いてきたような視覚効果による演出と、店内・オペレーション。
まるでオープンキッチンの厨房のようなカウンター内に店員さんがいて
その台には、パンが置いてあるというスタイル。
実際、ここも人が多くて台に陳列してあるパンをひとつ一つ見ることができなかった。
平日にまた、来よう・・・。