犬も歩けば、美味しいパン—kosococo.妹

土曜日、ある打ち合わせのため、私は代々木上原に行きました。
(なんの打ち合わせかは、こうご期待!)
今まで代々木上原ってなじみがなかったのですが、
都会の中心でありながらも、どこか懐かしい、なんともいい感じの町。
懐かしい感じだからと言って活気がないわけではなく、
昔ながらの花屋さん、お肉やさんなどもある中、
若い人が立ち上げた新しいお店もあり、
一つ一つに個性を持っていて、歩いていてとても面白い。

歩けば何か発見がある!と信じてる旅人根性の私は、
地図を片手に代々木上原~渋谷まで歩いてみようということに。
渋谷から電車で来ると、乗り換えもあって、なんだか面倒なんですが、
実は歩いても30分くらいとたいしたことなく、
色々面白い店のある代々木上原から渋谷までの流れなら、
きっと隠れた名店があるはず!という、根拠のない勘をあてにのんびり歩いてみました。

東京の町並みってやっぱり面白い。
ここにこう建つか~!と思わず関心するように狭い所にほっそーいビルが建ってたり、
一本裏道入ったら、なんか懐かしい部分を残していたりして、
その微妙なバランスが面白いんですよね。
あ~カメラ持って来るんだった。

そんな散策の中、ふとある温かい明かりが。
それが今回紹介する「Levain 富ヶ谷店」です。
外観はまさにヨーロッパのパン屋さん。
その温かい感じにふら~っと中に入ってみると、
山小屋のような内装に、おいしそ~なパンが並んでいる。
「同店のパンはヨーロッパで何百年も前から受け継がれているフルーツの酵母を使った製法」だそうで、
くるみやらレーズンやらがぎっしりつまっている。
おいしそ~。
そんな私の空気を察してか、店員さんが色々オススメしてくれた。
その中でも看板メニューである、「カンパーニュ」を買ってみることに。

ウキウキしながら家に帰って、スライスして、
何もぬらずに食べてみる。
味がとってもしっかりしてて、具も絶妙な量とバランス!
重すぎず、軽すぎず。
このパンをメインにチーズかなんかあれば、
一食満足できそうな、そのくらいおいすぃ~!!!!
パン好きな方々には有名かもしれませんが、食したことない方々、是非オススメです!
また行こうっと。

やっぱりなんかあるの旅人の勘は伊達ではなかったようです!
時間に余裕があったらば、町は歩くに限ります!
特にこの季節はさいこ~です!

シェアする