フランスから来た巨大クモに遭遇!—kosococo.妹

昨日久々に家族でランチを食べまして、
(ねぇさん、ごちそうさまでした)
目にも留まらぬ早業で育っていくkosococo.娘との時間も満喫しつつ、
とっても有意義な時間を過ごしました。

その帰り、横浜日本大通り駅に着くと、なにやら人・人・人!!
何でこんなに混んでるの?
県民ホールで今日は確かアンジェラ・アキのライブがあったはずだけど、
アンジェラ・アキってこんなに人気あるんだ~、
と感心しながら、駅の外に出ると!

うわ~!!!
人がすごい!なんだ~???
と思い、皆の見ている方を見上げると!!!!

(@_@!!!!なんだありゃ~!!!

目の前で突然、大きなクモが徘徊してる!
すごい、すごい!
徘徊の様子は動画で>>
そうか、今地元横浜は「横浜開港150周年記念」でいろんなイベントをやってるんだった!
(地元なのに、のんきで全然知らない)

この高さ12メートル、重さ37トンもあるこのクモは、
先日↓下記のページの写真のように、海を渡ってきました。
はるばるフランスから運ばれてきた図
(なんか蟹みたい。ちょっと気持ち悪い…)

この日はこのクモが2匹、
赤レンガ倉庫から日本大通り(横浜スタジアムの方)まで歩いて来たんだからすごい!
(車は通行止めで大変そうだったけど)

フランスのアート劇団「ラ・マシン」のパフォーマンスで、
写真をよく見てもらえると分かるかと思うんですが、
人がお腹の部分に座っていて(皆ものすごくかっこいい!)、
この大きなクモを操縦しているのです。
そして、クモの後からは、
同じくらいの高さに上げられたオーケストラが演奏している。
実にスケールの大きなパフォーマンスです!!

人ごみを掻き分けやっと撮れた写真は、惜しくもお尻側。
正面からも見たかったな~。

駅降りてこんなの見るとは思わなかったので、すごいラッキーでした。
地元のことなんだから、もっと知っとかなくちゃいけませんね。
こういうことが日常に起こるから、
この街が本当に好きだな~

シェアする