走るのって気持ちがいい—kosococo.妹

先日の湘南マラソン出場から、引き続き走ってます。
頻度は多くないけれど、
8kmくらいであれば、次の日に疲れを残すことなく、
走れるようになってきました。うふ。
やっぱり運動を習慣にすると、体が軽い!

特にジョギングは何にも考えないで、
頭真っ白で走ってるので、とってもリフレッシュになります。

でも、いつ走るかって結構難しいんですよね。
朝はまず起きれないし…、夜は結構怖いんですよね。
昨年うちの近所を走ってる時も
「ここで誰かにタックルされても誰も見てないし、こわいな」と思って、
いいペースより早いペースで逃げるように走って、ぜぇぜぇしたりしてました。

さて、そんな方にお勧めと聞いていた「アディダス・ナイトラン」をご存知ですか?
アディダスが参加者無料で開催している、マラソン部みたいなもので、
「皆で走れば怖くない」っていう集まりです。

現在は、原宿と横浜でこの活動をしているらしく、参加者は日に日に急増しているようです。
友人に誘われ、私も行ってきました。

アディダス主催というからには、アディダスフルスーツでないといけないのかと思うでしょ?
でも違うんです。なんでもいいんです。
私なんて、ジャージのズボンだけがアディダスで、
あとはナイキやらニューバランスやらユニクロやらのぐちゃぐちゃコーディネート。
汗かいちゃうんだからこれで、イイんです!(カビラ風)
それでも参加させてくれる、このマーケティングには何の効果が?

さて、原宿のアディダス(ラフォーレ前の街のド真ん中)から出発!
こんな都会をジャージで走れるなんて!
どどどど…走ってくる大人たちに、街を歩く買い物客はびっくりしてます。
開放感!
そのまま神宮球場に向かいます。

そこで改めて皆でウォーミングアップ。
皆でおっきな輪になって準備運動するなんて、何年ぶりだろう。
「うわっなんか懐かしいな~この感じ」
学生時代に戻ったようなウキウキ感。
まさに部活のよう。
準備運動が終わると、またひたすら走ります。
神宮をグルグルと。

風を感じながら、咲いている桜を眺めつつ走れるって
やっぱりジムで走るのとは違って気持ちがいい。
こんだけの人数で走ってれば、怖くないし。
(むしろこの集団の方が怖いかも)
しかも神宮球場の観客席の応援の音を聞きながら走れるって面白い。

走り終えたらまたクールダウンして、
そしてまたアディダスまで走って戻る。
トータル8kmくらいでちょうど気持ちがいい。

先導してくれるアディダスのスタッフの方もいるし、
ストレッチコーチみたいな人もいる手厚さなのに、無料!
更に軽食やビールの用意もしてくれるのに無料!
着替える場所を提供してくれてるのに無料!
アディダス着てないのに無料です!
すごいね。
こんなに無料で、アディダスにどういうメリットがあるんだろう?と思ってたけど、
こうして参加してみると、
今度なんか買うならアディダスで買わないと悪いなっていう日本人心理が働くっていうのもあるし、
なにより楽しいからアディダスに対するイメージも更に上がる囲いこみ効果が絶大なのねって事がわかりました。
街中を大量で走ることで話題にもなるし。
すごいね!
楽しかったから、今後も行こうと思ってます!!
ありがとう!アディダス!!

そして遠慮なく軽食を楽しんでいたら、「日経ヘルス」の取材を受けることになり、
走り終えたボサボサ感のまま、写真をとったりインタビューを受けました。
初めてのわりに場になじんでいたからかも知れませんね。
日経ヘルス掲載されるのでよろしく。

シェアする