北欧の食器—kosococo.姉

温かみのある北欧の食器が大好きな私。
今回は、ノルウェーのFiggjo(フィッギオ)
LOTTE(ロッテ)シリーズのコーヒーカップが仲間入りしました!

1960~70年代に作られたというのがウソのようなきれいな品。
10代後半~20代前半は、変に潔癖症で、電車のつり革さえ触るのが嫌だった私。
電車のガラスに指紋がついていた日には…きゃ~ ゾゾゾゾ…

アンティークやら古着を購入する意味がわからない・・・といった感じでしたが、
食の世界に入って、グリストラップや、トイレ掃除が当たり前になってからか??
随分と図太くなりました(笑)

食器に興味を持ったキッカケは、
20代後半に出会ったマダムにご招待され、訪れた彼女のお家は
以前海外に住んでいたころに、趣味で集めたというブランド食器を
お菓子に合わせて普段使いで使いこなしていました。

それがなんかカッコイイというか、異国文化というか・・・
どちらかというと日本家屋の彼女のお家が、この瞬間から異空間に・・・

旅先で訪れたカフェのような…なんと言ったらよいのか
とにかくそのテーブルの空間に惚れてしまったのです。

食器一つでこんなに流れる時間がかわるなんて・・・
・・・で、以前働いていたIDEE Cafeで使っていた食器がコペンハーゲンというのもあり
自然と北欧食器から始まり、今はどっぷり北欧食器にはまってしまったわけです。

このカップは、普段使いでジャンジャン使ってます!

「レモンのある食卓」はじめませんか?!>>ポッカレモン100「レモンで手もみ!」

シェアする