【講師】カルピス工場にて、『カルピスデザート教室』7月—kosococo.姉

群馬県にあるカルピス工場内で、
カルピス工場見学をした親子40~50人と、
カルピスをつかったデザートをつくる
『カルピスデザート教室』を開催させていただくこととなり、
本日2回目を迎えました。

今朝4時に起きて向かった群馬は館林までの道のりは、
遠く電車に乗ってジッと座っているのが飽きてしまうほど・・・
長い、長~い道のり。

もし、早朝の車内を歩き回っている女性がいたら、私です(笑)

お尻が座り疲れて痛くなった頃、到着する館林の空は青く、大きく、清々しい!
待ち合わせの時間よりいつも30分くらい前に来て、
仕事始めのコーヒーを飲むのが私の習慣。

今朝も30分前につき、
館林駅そばにある丸太小屋風のカントリーチックなCafeへ入ってみました。
「いらっしゃいませ~」と語尾がやさしく延びるその声の主は
声とのギャップが面白いほど、ワイルドな男性。
メニューのコーヒー覧一番上から「ドリップ」「エスプレッソ」「カフェオレ」と
続く中「ドリップ」が気になり・・・、
多分ブラックコーヒーのことだろうと思いながらオーダー。
すると先ほどの男性が「ご注文は?」と・・・やはり、ギャップがある。
「この・・・ドリップ・・・ください」
「はい!ドリップですね!ありがと~ございま~す」と言いつつ
カウンター内にいたマスターらしき男性に
「アメリカン一つ!!」
「あ、アメリカンかよ・・・」と内心思いつつも、嫌いじゃ~ないこの二人組み。
今回カルピス教室がある朝は、毎回ここにお邪魔させていただくことにして・・・。

カルピス工場へ。
今日は子供達と一緒に「カルピスができるまで」の工場見学もご一緒させていただきました。
なんかいいんです!大人になってからこうゆう工場見学って!
新鮮で、知らない世界を知ってしまったという嬉しさが!!
「カルピスデザート教室」のことを語る前の前置きが思った以上に長くなってしまったので(笑)
来週3回目が行われるのでまた、ご報告させていただきます。
*ちなみに写真水玉のかわいいエプロンの私。似合ってるでしょ!!

シェアする