財布だって、疲れちゃうんだもん—kosococo.妹

最近、すっかりブログの更新を「姉におまかせ☆」状態になっていて、
「最近、妹はどうした?」という問い合わせをいただいたりして、
「あ、すいません、ちゃんと生きてます」ってことで、ブログ書きます。

先日、私は久々に大ポカをやらかしてしまいました。
って言うのは、
お酒を飲んでいる訳でもないのに全然記憶がないっていう自分の行動ってありませんか?
例えば、電車の切符を無意識にどこかに入れて、
どこに入れたか分からない、とか、
何か無意識に部屋のどこかに置いたモノが探してもなくって、
なんでこんなとこに!って言うとこに置いてあるとか。
(でも、無意識に知らない人の家で寝ていた!ってことはないので、ご安心を★)

で、この前は、郵便局に行って、
ランチをとってさあ支払いって時にお財布がないことに気づいたのです!!
しかも、貯金おろしたての、いつもより太っ腹な財布です!
久々の最悪の自体に大パニック!!!
でも、どこか楽観的で、「こんなに騒いでもきっと見つかる」とどこか変な自信があったりして、
そうして自分の不安を取り除いてるのか…。

結局、郵便局に丸々忘れて行っていて、
心優しい郵便局員さんがそのポイントカードでパンパンに膨らんだ財布を見つけ、
預かっておいてくれたのです。
だから、不幸中の幸い、何にもなくならずに済んだのです。
奇跡☆渋谷も捨てたもんじゃない!
(郵便局じゃなかったら、とっくになくなっていたとは思いますが…)
財布をとりに行った時、郵便局の皆さんが光って見えましたよ。
現金もちゃんと入ってたし。
ありがとう、郵便屋さん。

思うんですけど、
財布って使いすぎると、明らかに疲れが見えてくるんですよね、財布自身から。
大抵その疲れが目に見えるときは、
中身がまとまってない時とか、
出費がやたら多い時に感じます。
で、「やばい、この子、休ませないと痛い目にあう」って思うんです。
その財布もまさにそんな風に感じて、
新調しなきゃ、とちょうどニュー財布を捜していた時だったので、
うわっやられた~!って感じでした。
本当に、財布に金運とやらは左右されるのかもしれません。
で、色んなとこの財布を見て回ったのですが、
いい素材なのに、使いづらそうとか、
かわいいけど、カードが入らないとか、
難が必ずあるのです。
ようは、その今までずっと使って来てぐったり疲れたその財布が
私の生活にはピッタリなようで、
他を見てもいいと感じないんだ!ってことに気づいて、
「私にはこの子しかいない!」とちょっとしたドラマの台詞みたいなコトを思いながら、
結局そのぐったりしたお財布と全く同じ形の財布を買いました。
(それが写真のニュー財布)

コレ、何がいいって、
アコーディオン式になっていて、
カードがたくさん入る上に識別しやすく、
オール皮で使うごとに味が出てくる。
小銭や札の出し入れもスムーズだし、
ころっとしてかわいい。
ヨーロッパのウェイターが持っていそうなデザインでありながら、
日本製なのですが。
皆さん、財布は長々同じのを使うもんじゃありませんよ。
たまには休ませないと。
財布にお守り入れるより、もしかしたら立派なおまじないかもしれません。
なんかまとまったような、まとまってないような…。

シェアする