北欧の風を求めて・・・—kosococo.姉

黒コーギーの胃潰瘍騒ぎで、北欧旅行がパ~になってから
やけに「北欧」という言葉に敏感で、ついついチェックしてしまう自分に気付く。
かもめ食堂といい・・・思っている以上に今「北欧」という言葉が
町・雑誌・カフェで散乱しているよに感じるのは気のせいだろうか?

そんな「北欧病」にかかっている私に
親愛なる友が「北欧料理教室へ行かないか?」と誘ってくれた。

そして待ちに待った今日、その日がやってきた。
「北欧料理教室」を主催しているのは
デンマーク出身の背がスラリと高い男性の先生。
奥様もまた、北欧の刺繍を教えているとかで部屋の中には
素敵な刺繍がたくさんありました。
部屋の内装を2人でリフォーム・改造したという・・・
これこそ私が嫌なほど想像した理想の北欧空間がそこには広がっていたのです。
色合・見た目の温かさはもちろん、使い勝手を考えて配置された小物類
すてき!!本当に素敵です(力はいっちゃう)
なんだろ!なんなんだろう!!とにかくここは日本か?
ゆったりとした温かさと、どこか懐かしいような・・・
そんなまったりした時間が流れていった。
(杉本さん、誘ってくれて本当にありがとう)

お料理も美味しくて、場面・場面で使われるコペンハ-ゲンの食器。
バターケースやら、スプーンやらイチイチかわいいのです!!
完璧に私の求めていた(憧れかな?!)をズバッと突っつかれ
ノックアウトの一日でした。
また、自分へのご褒美としてぜひ参加させていただきたく思います!!
もう、黒コーギーをみても、にらむことなくなりそうです(笑)

シェアする